フィリピンの介護士は明るく、ホスピタリティーに富んでいます。

caregiver介護士

フィリピン政府公認の介護学校

YAMAHEI TRAINING ASSESMENT CENTERはフィリピン政府から介護学校としての認証を受けています。ここでは、実習生が日本にフライトする前に日本式の介護の技術、日本語(N3〜N4)、日本人と気持ちよく働くためのマナーを勉強します。
日本の高齢者と楽しく会話できるために日本語はとても大事にしています。

日本語の勉強ーN3・N4取得ー

YAMAHEIでは面接にて選考された後、極力住み込みでN4に向けて勉強します。フィリピンの家計はその日暮らしが多く、また女性が仕事も家事も子育ても介護もしている事が現実です。そのため、集中して勉強し、より早くN4に合格できる環境を整えています。
また学校で共同生活を行うことで、日本式の共同生活のプライベートな面におけるマナーの教育にも励みます。

実習生の声 『YAMAHEIは他の学校より厳しい。でも日本の介護を学べて嬉しい。』

日本に行く不安が減りました

フィリピンで長年、介護の経験を積んでも、日本式はどうなのか、また介護に纏わる専門的な日本語がうまく使えないまま日本に行くことは不安でした。YAMAHEIでは実際に日本式での実習を行うことができるので、日本に行く前に自信が持てました。

お年寄りの役に立ちたい

日本では介護は重労働だと言われていると聞きました。
フィリピンの老人ホームに入る日本人が増えています。私の行動で、お年寄りの人たちに「ありがとう」と言われる、そして実習の後、フィリピンにいる日本人の役に立てたらいいな、と思います。

介護実習

日本語を用いて、実際に介護実習を行います。こうする事で、日本に入国した後にスムーズに実習を開始する事ができます。フィリピンはその国柄、ほとんどの人が明るく、笑顔が素敵です。また、家族や老人を大切にする文化があるため、介護士としてとても優秀です。

日本に入国するまでのステップ

日本の介護施設で1ヶ月研修を受けた介護士を含む6人のスタッフが常勤し、日本語と日本式介護を教育します。
YAMAHEIでは、両国の経済発展に貢献できる実習生の選定、教育を正しく行うため、以下のステップを踏んでいます。
実習生の募集(送出し機関)→YAMAHEI能力試験→合格した実習生のみ日本企業様の面接→YAMAHEIにて専門の技術&日本語を教育→YAMAHEIで最終テスト→合格した者のみ日本へフライト
一人ひとり丁寧に試験致します。

技能実習生の採用はこちら

お申込み/問い合わせ