N4 日本語能力試験 10月

今日は日本語能力試験に付き添いでペドロギル駅近くの試験会場となる大学にやってきた。

試験の受付開始は11時、実際の試験開始は13時というのに、クルマで30分前後の距離という場所へ、学校を出発したのは8:30。

9:00には試験会場に到着し、ヒマを持て余したので、ChouKingという名のファミレスちっくなレストランで食事をする。

この店のメインとなる料理はチャーハン。

日本なら斬新すぎる主力商品だけども、マクドナルドをはじめとするファストフード店で足並みを揃えてライスをメニューに揃えるコメ大好きフィリピンでは何ら珍しくないのかもしれない。

日本の外に出る前は、ダントツで日本人がコメ大好き民族と疑わなかったけども、フィリピン人のコメ好きぶりは日本を凌ぐ。

フライドチキン、いわゆる唐揚げ1つで大盛りでプレート2~3杯の米をたいらげる。

プレート1杯はドンブリ1杯より多いと思われるゴハンの量だ。

もちろん、私は唐揚げ1つでプレート半分のメシを食う事さえ出来ない。

ハッキリ言って、フライドチキンなんてオカズにはならない。

だけど、ふりかけや佃煮も必要とせずに、フィリピン人はガンガンとメシを食べすすめる事が出来る。

多くの食材から様々な栄養素を得ようという発想は存在しないのだろう。

コメからビタミンやミネラルなど全ての栄養素を得ようとするかのように、1人の1食分のコメの消費量が、日本の1日の1家族分に匹敵するくらい消費する気がする。

話がそれたけども、そんなコメ大好きフィリピン人にとって、ファミレスの選択肢ベスト3に入るChouKingという店でメシを食いながら、テストまでの時間を潰す。

私が引率した学生たちは、これから人生というか、運命を大きく左右するかもしれない試験の前だというのに、浮かれに浮かれまくっている。

まるで初めてディズニーランドに訪れた様なエキサイティングぶりだ。

実際には、私の目にはそんな風に見えるだけで、いつも通りのテンションなのかもしれない。

私は生徒達の間では、貧乏でケチな日本人として認知されている。

その様に見せている部分もあるし、実際そういう部分もある。

そんな私が、生徒達全員のチョーキングのメシ代を払ったので、かなり生徒達は驚き恐縮していた。

センセ オカニ ダイジュブ デスカ?

私の分と、生徒5人分の食事代の合計は約800ペソ、日本円にしておよそ1760円くらい。

日本なら、ちょっと小洒落た店でランチ1人前頼んだみたいな金額だけど、フィリピンではまぁまぁなまとまった金額であったりする。

私は日本生まれの日本育ちだけども、フィリピンの現地使用でも対応可能なハイブリッドタイプ。

800ペソもあれば食費だけなら10日から半月しのげる。

※物価が安い国ではあるけども、普通の日本人が、日本の常識に従った食生活を試みるならば、日本での食事より高くなる可能性もある。

そんな私が、テスト前に800ペソもの食事代を気前良く支払ったのだから、生徒達が驚くのも無理は無い。

この常夏の国フィリピンであっても雪が降るんじゃないか? という様な顔をされたわけだけども、そんな大盤振る舞いをするほどに、試験を受ける生徒にとって人生に大きな影響を与える試験って事。

そのチョーキングでメシを食いながら、客がいるのも関係無く、大きな声で無邪気に歌を歌い出す様な子達だからなのか、学校の先生というよりも心境としては保護者という感じ。

生徒達が戦っているのは、世界で1番難しいと言われる言語。

その強大な敵に逃げる事無く、全力で立ち向かったのだから、その根性を褒め称えてあげたい。

連日の激しい試験勉強で、体調を崩して発熱するものもいたけど、具合が悪くても弱音をあげるものは1人としていなかった。

自分の時間はもちろん、家族や家計に負担をかけながら本気で取り組んだ。

それを知っているからこそ、出来れば皆に合格してもらいたいとは思う。

だけども、そこまでしても結果がついてこないかもしれない難しい言語。

ゼロから初めて、小学2~3年生のレベルまで、わずか3ヶ月ほどでチャレンジしている。

他の日本語学校なら少なくとも1年間の時間設定をするスケジュール。

生まれてから10歳までの10年間を3ヶ月に凝縮しようというのだから、元々かなり無理がある。

だから、結果がついてこなくても、何ら恥じる事でも無い。

そんな事を考えながら生徒達の試験が終わるのを待っていたら、わずか30分ほどで道が半分冠水するほどのスコールにみまわれる。

この嵐には、何の意味があるのだろう? などと天気で人生を占おうとするのは、私が日本人だからなのだろうか?

それとも、やっぱり、ケチで貧乏な先生が気前良く皆にゴハンをご馳走したから嵐にあったのだろうか?

日本に行く大前提となるN4と呼ばれる日本語能力試験。

是非とも合格して、皆で仲良く日本に行って欲しい。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

技能実習生の採用はこちら

お申込み/問い合わせ